So-net無料ブログ作成

2018/9/11:対人関係療法は使える [鬱病 日記]

先週の週末の通院時に紹介された

「対人関係療法」

これは使えると思いました。


HPのリンクは過去記事を参照してください。
対人関係療法についての説明が、
分かりやす掲載されています。

バックグラウンドを説明すれば、
職場復帰2週間は、
準備期間を経ないでいきなり復帰したこともあり、
体調は最悪でした。

ほとんど職場で寝たきり状態。
仕事もままならないほどの体調でした。

そんな中Dr.から教示を受けたのが、
「対人関係療法」です。

教示されてから職場時間で2日が経過しましたが、
周囲の雑音が気にならなくなりました。

自分が一番。
家族と親戚、親しい友人が二番。
職場は三番。
分かりやすい考え方です。

家族が一番と考えれば、
それに勝るものはないと考えれば、
職場での雑音や有形無形のプレッシャーは、
二の次に感じられます。

まして、自分が一番と考えれば、
自分にとってマイナス要因は、
全て排除すべきことと考えることができるので、
良い意味で自分への許容範囲が広がります。

職場の人間関係など、
三の次でいいのです。
有効利用、というよりも、
自分の利益のために、職場は反対に利用してやりましょう。

チームでの仕事上も同様だと思います。
個人の仕事であれば、あえて説明するまでもないでしょう。
全ては、自分の利益のためにあると思って良いと思います。

うつ病を患った方が一番にストレスに思うのは、
自分の立ち位置や人間関係に基づくものだと思います。
それは、
他者を意識しているから、なおさら鮮明になるのです。
自分だけに意識を集中すれば、
他者の戯言など、
意味のないものになります。

これまでの長い間、
自分以外の他者のために、心を砕いてきた日常。
そんなものには、そろそろ見切りをつけても良いのでは?
自分は自分のために生きるものです。

自分というものは、家族という、
社会的に見て、最小単位の人間関係のもとに成り立つものだと言えます。
それを二番目に大事にすることは、
自分を構成する一部分を充足させるとも言えます。

ここまで考えれば、
自分が自分として成り立つためには、
自分と家族という、
最小の構成で良い、
ということになります。

大事にすべきは、
自分とその家族。

そんな当たり前のことを教えてくれた、
「対人関係療法」は、
自分の曇を払ってくれました。

ぜひこの考え方を
「当たり前」のこととして取り入れ、
平穏な日常を取り戻しましょう。
nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

九子

7月にコメント頂いておりましたのにご無沙汰致しました。ごめんなさい。体調はいかがでいらっしゃいますか?更新がないので心配しております。私のウツは頻繁に、年に一度以上来ますが、一ヶ月程で寛解します。ウツをもう10年、さぞかしお辛いでしょう。
その辛い時期を少しでも楽になれるように試行錯誤されて、その結果をこうしてブログに書いて同じように苦しむ人々の役に立ちたいと考えていらっしゃるのは本当に感服いたします。でもどうぞご無理の無いように。よかったらkasahara@mx1.avis.ne.jpまでメール下さい。随分お待たせしてしまいました。お詫びにお返事、遅くなってもずっとお待ちしています。メールが出来るようになれば、少しは楽になられた証拠でしょうか。くれぐれもお大事に!
by 九子 (2018-11-17 20:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。